読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外実写映像―ネコが追う赤い点の行先は?

Ubisoftよりリリース予定のミリタリーシューター最新作『ゴーストリコン ワイルドランズ(Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands)』。本作の実写トレイラーが海外向けに公開されました。

「The Red Dot」と名付けられた今回のトレイラーでは、1匹のネコと、突如現れた赤い点を中心に描いています。SNSで人気のレーザーを追うネコよろしく、映像中のネコも赤い点を追っていく可愛らしいシーンが展開していますが、このトレイラーはあくまで『ゴーストリコン ワイルドランズ』のもの。赤い点は最終的にどこへ向かっていくのでしょうか…。

ゲームの購入はプリペイドカードがおすすめ

今回紹介した7つのタイトルは全てSteamの「早期アクセス」タイトル。ゲームとしてはまだ開発中段階で、今後のアップデートや製品版のリリースが期待されるものの、不具合が見つかったり、開発が長引くケースもあるため、その点を十分に理解した上で購入するべきです。

最後に、Steamでゲームを購入する際は、プリペイドカードなどを利用するのがおすすめ。特にドコモユーザーなら「ドコモ口座 Visaプリペイド」をつかえば、安心・簡単に海外ショッピングが可能で、ケータイ料金に充当できたりするので便利です。今なら1,000円以上のドコモ口座 Visaプリペイドの利用で最大10%がキャッシュバックされる「クーポンチャレンジキャンペーン2」が開催中です。

活況!ボランティア講座

東京大会に向けてボランティアの募集が始まるのは再来年ですが、早くも多くの人の関心を集めています。9月に、ボランティアの育成や普及に取り組む団体が開いた講座は、30人の定員がすぐにいっぱいになりました。「東京大会を支えたい」という参加者の熱い思いで会場は熱気にあふれていました。

ニュース画像

必要となるボランティアは、大きく分けて2つ。大会の運営に携わる「大会ボランティア」と観光案内を担う「都市ボランティア」です。このうち「都市ボランティア」の中心として期待されているのが、「おもてなし東京」という登録制の観光ボランティアで、今の2000人から、4年後には3000人に増やす計画です。
講座では、大会後も繰り返し日本を訪れるリピーターを増やすためには、ボランティアのおもてなしの心が大切だと指摘されました。
東京都観光部の加耒順也受入環境担当課長は「4年後に向けておもてなしの心を多くの人に知っていただいて皆さんと一緒に実現していきたい」と話していました。

サイゼリヤやガストの成長が目立つファミレス業界

ロイヤルホストファミリーレストランの中でも高めの価格帯に位置する、ちょっと敷居の高いイメージがある。

景気の回復感がなく、個人消費も伸び悩んでいる近年では、サイゼリヤやガストといったチェーンの伸長が目立つ。たとえばサイゼリヤの直近業績(日本店のみ、2016年3~5月期)は売上高831億6100万円(前年同期比2.7%増)、営業利益は42億6600万円(前年同期比35.3%増)だ。

 

無良が自己ベスト更新、男子SP首位発進 フィギュア全日本選手権

フィギュアスケート全日本選手権第2日が23日、大阪・東和薬品ラクタブドームで行われ、男子ショートプログラム(SP)は無良崇人(25=洋菓子のヒロタ)が国際連盟(ISU)非公認ながら“自己ベスト”を更新する90・34点で首位発進した。宇野昌磨(19=中京大)が88・05点で2位、田中刑事(22=倉敷芸術科学大)が85・68点で3位。4連覇していた羽生結弦(22=ANA)はインフルエンザで欠場している。

【写真】4回転トーループを転倒するなどSP2位だった宇野昌磨

 無良は4回転トーループでバランスを崩すも着氷。続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は高いジャンプで見事に成功した。3回転ルッツ-3回転トーループもしっかりとまとめる。終盤、躍動感あふれるステップで観客を魅了し、ほぼ完璧な演技を披露した。

ショーを盛り上げろ! ローグライクFPS『Killing Room』が配信開始

Alda Gamesが開発する新作ローグライクFPSKilling Room』がSteamにて配信開始となりました。ゲームプレイシーンを収めた、たっぷり3分半以上のローンチトレイラーも公開されています。『Killing Room』は22世紀のリアリティーショーを舞台にしており、プレイヤーはその参加者として生死をかけた戦いに挑戦。ゲームではランダムに生成された各部屋を攻略していきますが、本作では観客(AIあるいはオンライン)の評価が報酬に影響を与えます。そのため、良い報酬を手に入れるためには、より危険度の高いプレイが必要となります。

音楽を“持つ”から“飛ばす”に変わっても、音楽を楽しむ気持ちは変わらない。

かつては革命とも言われた“音楽を持ち歩く”時代。ですが、そんな時代はもう終わろうとしています。なんとスマホの中に音楽データを入れて持ち歩く必要は一切なし! クラウド上の音楽データをスマホに飛ばして再生することができる音楽プレイヤーです。しかも保存できる曲数は最大5万曲と、今までス...